*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風習
本日は十五夜でお月見ですね。。
お月見と言えば、以前住んでいた所であった風習なのですがなかなか面白いものがありました。

十五夜の夜、子供たちが爪楊枝一本を持ち
「つかせて~」とご近所の家を順々にまわるのです。
すると、玄関入ってすぐ位の所にでっかいお皿にのった「里芋と白玉だんごの煮物」が どっさり!!
それを持参している爪楊枝で”突かせて”いただきます。
”だんごを突く”と同時にお菓子が用意されている家ばっかりで(個包装のもの)それをいただいてきちゃいます。
だんごを突くのは十五夜っぽいですが、お菓子はまるでハロウィンみたいですね~(笑)

そんな感じの事を小学生の間6年間してましたw
だからお月見後の一ヶ月位はお菓子いっぱいで幸せでした☆
年々だんごを置いてくれている家は少なくなりつつあったりしたけれども、お菓子の量は年々増え続け最後はゴミ袋持参している子供たちも結構見かけたり(笑)
まぁ昔ながらの瓦の家が結構多くある家ばっかり立ち並ぶ町だったものの、私が小学校高学年になる頃にはいわゆる今時の家っぽい平たい屋根の家も結構増えてきてたりして、「お菓子用意してないわ~500円あげるわ~」とえらくラッキーな事もあったりしました♪
勿論 参加している子供のいる家庭では箱買いでお菓子を用意してましたけどね~。
ウチもどさっと数箱のお菓子を毎年両親が用意してました。
そして「お父さんとお母さんがこうやって用意してるからあんたらもお月見にお菓子もらいにいけるんやで!!」と毎年言われながら(笑)

そんな風習ですが、やっているのは自分の住んでいた町とその両隣の町のみ。
今はその町から車で10分程度の所に住んでいるので勿論そんな風習ありません。
小学生時代はかなりソレを楽しみにしていたので、”お月見”が無いっていぅのはちょっと寂しいです;

ちなみに去年か一昨年の夕方、偶然お月見の日に以前住んでいた町付近を車で走っていた時、
小学生3年生位の子が数人、黒いゴミ袋を肩に担ぐ様に持って歩き回っている姿を発見!!
もぅその町から離れて5年程経った今もソレがあるのがちょっと嬉しかったですw
こぅいぅ事はすたれないでずっと続いて欲しいと思う。
他の地域ではまたちょっと違った風習とかもありそぅだなぁw

さぁて、今頃はお菓子いっぱい詰まったゴミ袋で幸せいっぱいほくほくとなって夢でもみているのかな?
じゃぁ私は美味しい白ご飯とお餅の夢でも見ようかな?(爆)
スポンサーサイト

テーマ : イベントなど
ジャンル : その他

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog pet

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。